学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

全国大会壮行会、賞状伝達式、終業式を本校舎と遠野校舎合同で実施

〇全国大会壮行会(陸上部、弓道部、テニス部)

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇賞状伝達式(各部活動、空手、ダンス、たなばた展、校内発表会等)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 〇1学期終業式(校長先生の話、各部主任の先生の話)

 校長先生から各学年に向けての話がありました。「3年生は、進路の準備をしっかり進めること。1、2年生は、夢の実現へ向けて一歩一歩進んでいくこと。そのために夏休みを有意義に過ごしましょう。」と時間の大切さについてお話しになりました。

 

 

校内発表会開催

7月19日(水)に校内発表会が開催されました。準備期間が短かったにもかかわらず、どのクラスも素晴らしい歌やダンスのパフォーマンスを披露しました。いわき湯高生のパワーと可能性を大いに感じた発表会でした。


楮(こうぞ)の手入れ

7月19日(水)の放課後、本校舎の生徒が遠野校舎に行き、遠野校舎の生徒と一緒に楮(こうぞ)の手入れをしました。(楮はクワ科の落葉低木で和紙の原料となります。)遠野和紙の伝統を継承していくために、本校舎の生徒も遠野校舎の生徒と共に、和紙の原料となる植物等、和紙について学び始めています。

 

震災学習の取組についてのプレゼン

本日、震災学習に取り組んでいる生徒たちが、全校生徒に向けて、プレゼンテーションを行いました。今まで実践してきたフィールドワークをとおして学んだことや感じたことを堂々と発表しました。全校生徒で、震災学習の意義や重要性を共有することができました。来週は、いわき市にやってくる東京の中高生と交流をする予定です。

 

トロロアオイ成長日記(伝統の継承)(7月6日)

トロロアオイは、遠野和紙の原料となる植物です。

 

本校舎の生徒と遠野校舎の生徒が、本校舎の畑に植えたトロロアオイの種から芽が出ました。

 

「あかさか」から「さはこ」へ。遠野の皆さんの想いは確実に引き継がれています。


 

 

 

 

 

 

 

 

いわき市議との意見交換会開催

7月4日(火)本校において、いわき市議会教育福祉常任委員会の皆様と本校生徒による意見交換会が開催されました。2年生の看護・医療系の進路を考えている生徒27名といわき市議会議員の9名が、「地域医療に関する情報共有と人材の育成について」というテーマで、グループワークを行い、いわき市の医療について意見を交わし、課題等を共有することができました。生徒たちにとっては、地域医療について深く考える良い機会になりました。


 

震災学習実施

6月29日(木)に生徒会の生徒が中心となり、震災学習に取り組みました。今回は、小名浜のいわき・ら・ら・ミュウに併設されている『3.11いわきの東日本大震災展』と豊間のいわき震災伝承みらい館での研修を行ってきました。生徒たちはいわき市での震災の状況を自分たちの目で確認したり、館長さんの話を聞いたりする中で、震災の記憶や教訓を風化させずに次の世代へ伝えていかなければならないという強い使命感を抱いたようです。本校は、福島県教育委員会が進めている「震災と復興を未来へつむぐ高校生語り部事業」に参加しているので、今後も震災学習を継続していく予定です。